社員が多くなったら電話はビジネスホンにする

ビジネスホンの電話機をリースするメリット

社員が多くなったら電話はビジネスホンにする 商品を購入する方法として、リース契約というものがありますが、これはオフィスにビジネスホンを導入するにおいても可能な方法です。ビジネスホンにおけるリース契約とは、会社が必要としている電話機をリース会社が代わりに購入し、会社側は賃借料として比較的長い期間、リース会社に使用料を支払うシステムとなっています。レンタルや分割払いとはまた違い、リース契約ならではのメリットもあります。まず1つ目は、大きなお金の準備が要らないということです。ビジネスホンを導入するとなると、その設置工事のために一旦は大きなお金を用意しなければなりませんが、リース契約をすると、その月々の支払いだけで済みます。そうして浮いたお金を経営に活用すると、利益を生み出すことも可能です。2つ目はリース会社に支払う料金を経費として処理できるということです。税務上きちんと認められている期間内であれば、全てを経費として処理することが可能です。3つ目は資金計画が立てやすくなるということです。月々の支払いが一定であることから、原価計算が簡単になり、その分お金の使い道を明確にしやすくなるのです。

このほか、銀行からの借り入れと違い、リース契約では設備投資においての100%の借り入れと同じ効果となることや、事細かな契約はリース会社によって行っていただけるため、事務処理の簡素化も可能です。このようにビジネスホンを導入するにあたって、リース契約にはメリットがあります。