社員が多くなったら電話はビジネスホンにする

電話のビジネスホンについて

社員が多くなったら電話はビジネスホンにする 家庭用電話では通常は1電話回線に親機と子機のコードレスのみで、電話機も一台で電話番号も一つです。普通の家庭ではこれで充分ことが足りますが、会社内では部署も多く電話機も当然増えます。あらゆる所から電話が入ってきますので、それに対応出来る電話が必要不可欠になります。電話のビジネスホンとは、複数の外線と内線を共有できる電話のことで、会社のオフィスなどで保留転送や色々な事態を想定して多くの機能が使える電話の事です。電話機の設置台数を決めるには、一般的にはデスク数と会議室数が一つの目安になります。例を挙げますと、社員10人で10デスクあり社長室に1デスクあり、会議室が2部屋で合計が13の電話機が必要になります。将来的に社員が増えても、電話機の増設が可能になっています。一つ注意すべき点はビジネスホンの種類によっては、電話機のMAXの接続数が決まっていますので先を見据えて導入すべきです。

例えで言いますと、オフィスに30人の社員がいて常に30人が外部と通話する可能性がある場合は30通話分(30ch)必要ですが、30人の中で電話10人しか電話が出来ない場合は10通話分(10ch)でオッケーです。もう少し分かりやすく言いますと、最近の回線は光電話などで1光ハァイバーで数ch分使えるようになりまたので、社員の3分の1程度が一応の目安になります。ビジネスホン導入までの流れを簡単に紹介しますと、まず電話で問い合わせして担当者とヒヤリングを行いビジネスホン設置する場所と本数をチエックします。それにそって工事設計などの見積の作成します。工事スケジールや予算が合えば契約します。