社員が多くなったら電話はビジネスホンにする

ビジネスホンの用途による電話機の選び方

社員が多くなったら電話はビジネスホンにする 一言にビジネスホンをオフィスに導入すると言っても、それにはたくさんの電話機の種類であったり、様々な機能を持ち合わせているものがあり、一概にこのビジネスホンが良いというものはありません。便利なビジネスホンというのは、その会社の使い道に合っているもののことを言うため、自分のオフィスではどういった使い方をするのだろうかと、それを頭に置いた上で電話機の種類や機能を選ぶことがポイントになります。例えば電話機の形そのもので言うと、オフィス内の模様替えをよくされる会社であったり、常時動きながらの通話となってしまうような忙しい会社では、そのオフィスにはコードレスタイプの電話機が合っていると思います。本体と受話器がコードによってつながれていないことから、自由にどこでも通話することができるからです。また、こういった会社の場合は、携帯電話を社内で内線として使うことのできる、携帯連帯機能というものがあり、これを設定しておくことによって、携帯電話でオフィス内の電話に対応することも可能になります。

そのほか、不在になりがちなオフィスでは転送電話機能をつけておいたり、通話の内容をほかの社員にも同じように情報として伝えたい場合には、ボイスメール・メッセージ機能というものもあります。このようにビジネスホンには、それぞれの会社に合った機種や機能を選ぶことによって便利なものとなり、オフィス内で大いに活躍するものだと思います。