社員が多くなったら電話はビジネスホンにする

ビジネスホン導入における電話機の設置工事の流れ

社員が多くなったら電話はビジネスホンにする どういった企業であっても電話機というものは必須であり、それにはビジネスホンを導入されているところも多いと思います。これはオフィスを新設するにあたって、同時に電話機の設置工事が行われるのですが、それには一定の流れがあります。業者にビジネスホンの導入を依頼すると、まずはヒアリングから始まり、実際のオフィスでその設置する場所の下見を行います。ヒアリングによって、会社側の希望するビジネスホンの活用方法であったり、実際の用途を伺って業者側がプランの提示をしたりして、その話し合いを基にして下見が開始されます。オフィス全体のデスクや家具のレイアウトを確認すると、どの位置に電話機を設置するのかという場所を決め、その台数と回線数の決定を行います。続いて、その決定をトータルして見積もりを行い、再度検討に入ります。そして最終的に決まった工事設計において、見積書とスケジュールが確定して契約成立です。そうして実際の工事がスタートされ、電話ケーブルの配線、端末の接続、電話回線の引き込みと接続、そしてデータの設定が行われます。

これら一折の工事が終了すると、最後に全ての動作が正常に作動するのかという確認を行い、それらが完璧にクリアして設置工事が完了となります。もちろんそれぞれの業者で多少の違いはあるものの、これらが一連の工事の流れとなります。オフィスを立ち上げるにあたって、ビジネスホンの導入は欠かせないと思います。